▶ 慶和会について

 慶和会は、戦前より日南市、梅ヶ浜で運営されていた「日南病院」を発祥とします。

 戦時中に国より建物が大きく爆撃の標的になるので解体するようにとの通達があり、解体するぐらいならと初代理事長である河野秀次は国(日本医療団)に無償で提供しました。それが後の「国立療養所日南病院」であり、現在の河野医院の前身です。

 日南市の名前の由来は日本の南といわれていますが、「日南病院」の名称からきているともいわれています。

慶和会の沿革

 昭和7年    油津梅ヶ浜に10診療科の私立日南病院を先代が開院

 昭和19年    陸軍より取り壊しの命により日本医療団に寄付(後の国立療養所) 

 …………………………………………………………………………………………………… 

 昭和32年 4月 現在地に医院を開院(河野医院) 

 昭和36年 1月 病床数31床の結核病棟をもつ(河野病院) 

 昭和36年 4月 医療法人慶和会設立

 昭和38年 1月 一般病床11床、結核病床39床に申請変更 

 昭和39年 6月 関連会社 河野保全会社 設立 

 昭和39年 7月 一般病床17床、結核病床33床に申請変更 

 昭和42年 4月 河野 徹 理事長に就任 

 昭和47年10月 一般病床及び外来病棟新築 

 昭和60年 6月 河野保全会社を河野メディカルサービス合名会社に社名変更 

 平成 7年 9月 介護老人保健施設『みどりの丘』開設 

 平成 7年10月 日南市南在宅介護支援センター 開設 

 平成13年 9月 河野医院を開院(河野病院廃院) 

 平成17年10月 河野医院一部増改築 

 平成18年 4月 介護付有料老人ホーム『ロイヤルガーデン日南』開設 

 平成19年 6月 河野 秀一 理事長に就任

modorubotan
shozaichi